ケース1  亡くなった父親名義の不動産がそのままになっている

相続登記をする場合、まずなくなられた方の出生~死亡までの戸籍謄本や除籍謄本をすべて集めて、相続人を特定しなければなりません。その上でなくなられた方の相続人の話し合い(遺産分割協議)で相続人のうちの一人の名義にすることは可能です。もし、なくなられた方の名義のままで置いておくと、次世代あるいはさらに下の代までそのままになってしまいます。そうなると、亡くなった方の戸籍等を取り寄せるにも一人分では足りませんから、大変な作業になります。戸籍を取り寄せてやっと相続人を特定しても、疎遠になっていて相続人同士の話し合いにすらたどり着かないということもあります。お父さんがなくなられたのであれば、その子供の代で相続登記をしておけば、相続人も少ないので、戸籍調査も話し合いもしやすくスムーズにすみます。なので、できるだけ早い段階で相続登記を済ませることをお勧めします。