ケース2  世話になった子供にだけ財産を残したい

そんなことができるのか、と思われるかもしれませんが可能です。

何もしなければ、財産を残してなくなられた方の相続人が法律の

規定に則って財産を相続することになります。

しかし、各家庭の事情は様々で、ある特定の相続人にだけ財産を残したい

という場合もあるでしょう。

そこで、そのような場合には「遺言」を残しておくことが一番確実です。

遺言は手書きでもよいのですが、後の相続人間の紛争や紛失を想定して

「公正証書」で残すのをお勧めします。

実際には、長男は一切連絡をしてくれないけど、次男は体の弱った自分を

気遣い、世話してくれたので、次男に全ての財産を残したい、といったケースは

よくあります。このような場合、公正証書の遺言を残しておくとよいと思います。

それでも法律には、「相続人には最低限の相続分は請求する権利がある

(遺留分減殺請求)」と規定されていますので、他の相続人がこの請求をしてくると

一部は渡さないといけないこともありますが、それでも残したい人により多くの財産が残せます。