ケース3  あきらめていたお金が返ってきた

これはよくある話ですが、以前ギャンブルなどが原因で借り入れをし、3年前に全て返済(完済)したというケースです。「これって返ってくるのかなあ?」と相談があり、「調べてみましょう」ということで、借り入れをしていた金融会社に履歴開示請求(借り入れ返済の詳細が書かれた書類を出すよう請求すること)をしました。送られてきた履歴を元に法定の利率で引きなおして計算すると、約100万円が払いすぎに。

金融会社も何とか少額で和解させようと必死なのですが、話がつかず、裁判で決着をつけることになりました。結果、全額を回収し、依頼者の方も大変喜んでいました。

この方がなぜそれまで過払いがあるかもしれないのに調べようとしなかったのかというと、借金をしていたことを家族に知られたくない、ということでした。

司法書士が代理人になると、連絡も郵便も事務所宛に届きますから、家族に知られずに処理できます。この点が以外に知られていないようです。