被相続人の子がすでに亡くなっているのですが、孫がいます。その場合の相続について教えてください。

被相続人の子がすでに亡くなっている場合、被相続人をAさん、すでに亡くなっている子をBさん、Bさんの子をCさんとして説明しましょう。
Bさんが親のAさんより先に亡くなっている場合には、CさんがAさんの相続人となります。これを「代襲相続」といいます。相続分はBさんが相続するはずであった分です。例えば、Aさんには亡くなったBさんのほかに子供Dさん(つまりBさんの兄弟)が一人いるとします。そして、Aさんの配偶者(Bさんのお母さん)がいるすると、本来の持分は、Aさんの配偶者2分の1、Bさん4分の1、Dさんが4分の1です。つまり、この場合には、Cさんが相続するのはBさんの相続分である4分の1ということになります。