死亡保険金は、相続財産になるのでしょうか?

原則的にはなりません。判例では「被相続人が自己を保険契約者及び被保険者として、相続人の一人または一部の者を保険受取人として締結した保険契約に基づく死亡保険金受取請求権は、その受取人自らの固有の権利として取得するものであって、保険契約者または被保険者から承継取得するものではなく、これらの者の相続財産に属するのではない」となっています。つまり、死亡保険金の受取人が保険会社に請求する権利は、相続とは切り離して考える、ということです。
ただ、被保険者本人を受取人としている場合には、保険会社に請求する権利は相続人全員に受け継がれるものとなっていますので、ご注意ください。