相続登記は必ずしないといけないのでしょうか?

事例紹介でも挙げたとおり、相続登記をしないまま放っておいても、法律上罰せられることはありません。ですが、長期間相続登記をしないで放置しておくと、様々な問題が起こります。

 相続の対象となった不動産を売却したり、担保に入れたりする際には、先に相続登記が完了している必要があります。逆にいえば、相続登記が未了である場合には、その不動産は法律的に処分することができません。

 お亡くなりになられた方(被相続人)の相続人がさらにお亡くなりになるなど、相続に相続が重なり相続人がどんどん増えて遺産分割協議自体が困難になることがあります。一度相続が起こってしまえば、その遺産分割協議にはすべての相続人の同意が必要です。相続人が何十人、というケースも珍しくありません。

 なるべく早いうちに名義変更されることをお勧めします。