遺言書について教えてください

遺言書の種類には一般的なケースとして、自分の手書きで書く「自筆証書遺言」と公正証書で作成する「公正証書遺言」の2種類があります。それぞれ下記のとおり、長所・短所があります。

「公正証書遺言」
《長所》
・公証人が作成するため、内容が明確で証拠力も高い。
・紛失・偽造・未発見の恐れがない。
・遺言の執行にあたって、裁判所での検認手続きが不要。
《短所》
・費用がかかる
・書類を集める手間がかかる

「自筆証書遺言」
《長所》
・費用がかからない
・用意する書類がないため、手間がかからない
《短所》
・紛失・偽造・未発見の恐れがある
・方式(記載方法・記載事項)の不備により、無効となる恐れがある
・遺言執行にあたって、裁判所の検認手続きが必要

簡単なところでは上記のように分けられますが、当事務所としては完全なものを残しておくことが、安心につながると考えていますので、「公正証書遺言」で作成されることをお勧めしています。作成方法・費用等はお気軽にお問い合わせください。