遺留分とはどういう意味ですか?

遺留分とは、兄弟姉妹以外の相続人に最低限保障された相続財産の割合をいいます。例えば被相続人(亡くなった人)が遺言によって相続財産を第三者に譲渡(遺贈)したとしても、遺留分を有する相続人は、保障された割合については自己の権利を主張できます。
具体的な遺留分割合は下記のとおりです。

直系尊属(亡くなった方の父母や祖父母)のみが相続人の場合には、相続財産の3分の1
それ以外の方相続人(配偶者、子)の場合には、全財産の2分の1

となります。それを法定相続分で割りますと遺留分が出ます。
例えば、1200万の遺産があり、相続人が配偶者と子供3人でそのうち子供1人にだけすべて残すという遺言をした場合、あとの3人は遺留分がありますからその分を請求できます。その額は、1200万の2分の1でまず600万が基本となります。それを、法定相続分で割りますから、配偶者は2分の1で300万、子供はそれぞれ6分の1ですから1人200万となります。