亡くなった父の借金督促が届いたのですが、相続放棄できますか?

亡くなられたお父様の借金返済義務は相続人が受け継ぎます。しかしこれを免れる方法として「相続放棄」という手続きがあります。
「相続放棄」とは、亡くなった方のプラスの財産もマイナスの財産も一切引継がないという手続きです。つまり、相続人ではなくなるということです。「借金だけを放棄する」ということは認められません。

相続放棄をするには、家庭裁判所に必要書類を提出し、相続放棄をする旨を申し立てます。相続放棄が認められるには、いくつかの条件があります。
まずは、相続人が相続の開始(亡くなったこと)を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てるということです。3ヶ月を過ぎてしまうと原則的に相続放棄ができなくなります。(例外あり、下記参照)

次に、相続人が被相続人の財産を処分してしまったような場合(例えば財産の一部を他人に売った)には、法律上相続を承認したことになり、相続放棄ができなくなります。

以上の条件が揃っていれば、大丈夫です。ただ、「3ヶ月」という制限に関しては、認められる余地もあります。
例えば、身内の方が亡くなって3ヶ月過ぎてからサラ金やローン会社から借金の請求が来ることも珍しくありません。このような場合にまで相続放棄が認められないとすると相続人にとってはあまりにも酷です。このように、借金の存在自体を知らなかったような場合には、例外的に認められる余地があります。あきらめず、まずは早めにご相談ください。