ケース1  有限会社を株式会社に変えたい

会社法の改正で新たに有限会社の設立ができなくなりました。以前は、株式会社を設立するにはいろいろ規制があったので、規制の緩い有限会社を設立するメリットがあったわけですが、改正後は、一人で資本金も規制なく株式会社が設立できるようになりました。このことにより、新たに有限会社を設立する意味がなくなったわけです。そこで、従来有限会社であった会社が法改正以後に株式会社に変更するケースが多くなっています。私も何件か依頼を受けました。

株式会社に変更するメリットとしては、

・ イメージとしての信頼度がアップする

・ 機関設計がいろいろできる
有限会社では、取締役、株主総会、監査役、代表取締役しか置くことができません。
一方、株式会社では取締役会を置いて経営者の権限を強化できたり、会計参与を置いて計算書類の正確性を外部にアピールできるので融資を受けやすい。
※会計参与・・・公認会計士(監査法人を含む)・税理士(税理士法人を含む)のみが就任する事ができる会計の専門機関

などが挙げられます。