ケース2  一人で会社を作りたい

会社は、株主(出資者)のもので、経営者のものではない、というのが法律の建前です。
しかし、株主と経営者が同じという会社がほとんどなので、会社法も出資者(株主)が一人で、その人が代表取締役でもあるという形を認めています。いわゆる「一人(いちにん)会社」という形の会社です。
また、資本金の制限がなくなったことから、少額の出資額で株式会社を設立することも可能です。たとえば、今50万円しかないという場合で、登記手続きには登録免許税や定款認証手数料、手続報酬などで30万円ぐらいはかかりますから、20万円を資本金として出資者一人で会社設立ができます。

※当事務所では、定款認証の際に定款電子認証を行いますので、印紙代4万円が不要になります。